お彼岸のお供え物

ohigan-osonaemono

お彼岸には、墓前に「お彼岸のお供え物」を用意します。

祖父母宅や実家で、お客様からのいただき物などを「まず墓前にお供えする」光景を見たことがあるかもしれません。

この習慣を「亡くなったご先祖様がお腹をすかせないため」だと思われがちですが、本来は仏壇にいる仏様に対しての感謝や敬意を表しています。

それでは、お彼岸のお供えにはどのようなものを用意したら良いのでしょう?

お彼岸に馴染みがないと、お供えに何を用意したら良いのか悩む方も多いかと思います。

元々はお花は樒(しきみ)や季節の花、お菓子はぼたもちやおはぎを用意しますが、現代ではお彼岸のお参りをする場所によってお供え物を選ぶポイントが変わります。

スポンサーリンク

お彼岸のお供え

お寺へのお供え物

おせんべい、羊羹、クッキー、栗おこし、お饅頭など日持ちのするお菓が一般的です。
お寺や地域によって異なることもあります。

親戚の家などへ訪問時のお供え物

お菓子、果物(季節のフルーツ)、お線香、お花や、お茶菓子を持って行くのも良いでしょう。

故人の好みを知っていれば、生前好きだったお酒や食品も喜ばれます。

また、お供え物用の掛け紙は、熨斗(のし)が描かれていないものを選びます。

お供え物の金額の相場は大体3,000円〜5,000円くらいが目安です。現金で持参するときも同じくらいの金額が相場のようですね。

お彼岸のお返し

逆に、お彼岸でお供え物をいただいた場合にはお返しを用意します。

お返する品については、お菓子やお茶など、また回忌法要時のお返しの品(返礼品)を参考にすると良いでしょう。

お返しの品を送るときにはお礼状や手紙を添えて送ります。
お彼岸の行事は気持ちが大切です。

送る側は故人や相手のことを考え、いただいた場合にはその感謝の気持ちを表すようにしましょう。

(Visited 141 times, 1 visits today)