秋のお彼岸について

aki-ohigan

お彼岸は春分の日と秋分の日をそれぞれ中日として前後3日間ずつを合わせた合計7日間のことを指します。

2017年のお彼岸は以下のようになっています。

スポンサーリンク

2017年のお彼岸

春のお彼岸

彼岸入り:2017年3月17日(金)
中日(春分の日):2017年3月20日(月)
彼岸明け:2017年3月23日(木)

秋のお彼岸

彼岸入り:2017年9月20日(水)
中日(秋分の日):2017年9月23日(土)
彼岸明け:2017年9月26日(火)

秋のお彼岸に供えるお菓子

お彼岸は年に2回、春と秋にやってきますが、「お彼岸」と呼ばれるのは春のお彼岸で、秋は「のちの彼岸」や「秋彼岸」と呼ばれ区別されます。

また、お供えの品として一般的なおはぎ(お萩)やぼたもち(牡丹餅)も、春分に作るのは春に咲く牡丹の花にちなんだ「ぼたもち(牡丹餅)」、秋分に作るのは、秋に咲く萩の花にちなみ「おはぎ(お萩)」と呼ばれています。

現代ではどちらも同じ和菓子として認識されていますが、正式にはぼたもちのあんこにはこしあん、おはぎにはつぶあんを用います。

そのわけは収穫の時期に理由があり、秋に収穫を行う小豆は、獲ったすぐであれば皮まで柔らかく口当たりが良いので、つぶのままでも美味しく、春は保存していた小豆を使うため、こして使い美味しく食べやすくしたのです。

秋のお彼岸で供える花は?

一般的には「白・黄色・紫」の3色でまとめることが多く、白百合、胡蝶蘭、トルコキキョウやカーネーションを供えます。

仏花といえば菊を思い浮かべる方も多いですが、菊以外の花でも構いません。お墓参りの際には故人が好きだった花をお供えしましょう。

もしお花を贈る場合には、彼岸入りまでに届けてもらうか、遅くても中日までには贈るように配慮してください。

(Visited 68 times, 1 visits today)