お盆玉とは?その起源と相場を教えます!

obondama

最近、お盆の時期になると「お盆玉」と書いたポチ袋を見かけることがありますよね。
ここまで書くと気がつく方が多いでしょうが、「お盆玉」とはまさしく「お年玉のお盆バージョン」です。

お盆玉が全国に広まったのは2010年からで、それまでお盆玉は全国的には存在していませんでした。

文具などを販売する「マルアイ」という企業が、お盆玉用のポチ袋を商標登録したことによって始まりましたが、全国に広がりを見せた経緯は、2014年に郵便局からお盆玉のポチ袋が発売され、それがツイッターで拡散したために少しずつ定着していったのです。

スポンサーリンク

お盆玉の起源は?

マルアイはお盆玉のポチ袋を作ったことで「余計な風習を作るな」と非難もされたようですが、それらの非難に対してマルアイ側は「昔から夏にお小遣いをあげる習慣はあった」と言っています。

確かに東北地方では夏にお小遣いをあげる風習があり、もとは山梨県で奉公人に対して夏に主君が下駄や衣類などを渡すという習慣が、昭和初期になると夏に子供にお金をあげるという風習に変わっていったのが発祥と言われています。

お盆玉の相場は?

気になるお盆玉の相場ですが、全体的には「お年玉の7割から8割程度」の金額のようです。
小学生なら2,000円から5,000円、中学生以上は5,000円以上というのが目安でしょう。
夏休みあげるお小遣いの感覚で良いのかもしれません。
金額は地域によっても異なるので、調整してあげるのが良いですね。

また、お盆玉はポチ袋の種類が豊富です。コンビニでも手に入りますが、大手スーパーのイオンでは特にラインナップが充実しています。
イオンでは、以前お盆玉のCMも流していたそうです。
ユニクロもお盆玉として贈れるギフトカードを発表するなど、お盆玉を戦略の一つして風習化させていく流れが企業にも出てきています。

(Visited 30 times, 1 visits today)
Related Posts (YARPP)
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする