お盆に海に入ってはいけない理由とは?

natsu-umi

夏休みになると海やプールへ行きたくなりますよね。

暑さも合間って、子供のころは特に海水浴に行きたかった方は多いのではないかと思います。

でも「お盆は水に近づいてはいけない」ということも言われませんでしたか?なぜそんなことを言われたのでしょう。

お盆に海に入ってはいけない理由はなんでしょうか。

スポンサーリンク

お盆に水に入ってはいけない理由

実は、昔から海や川などは「この世とあの世をつなぐ道」として考えられているため、地獄の釜の蓋が開くと言われるお盆の期間中に水辺に行くと霊と一緒にあの世に流されてしまうと考えられています。

確かに「灯篭流し」などでもご先祖様の霊をあの世に送り返す行事は川や海で行われています。

地域によってはご先祖様が帰ってくるのも海からとの言い伝えがあり、お盆の期間中、水辺は「霊の通り道」となることが由来となっているようです。

それ以外の理由

霊の通り道である、という怖い話もありますが、それ以外にもお盆の海や川には危険がたくさん潜んでいるのです。

お盆時期を過ぎると海にはクラゲが増えるため、刺される可能性が高くなります。
中には毒を持っているクラゲもいるため、お盆過ぎの海水浴は危険なのです。

また、水温が急激に下がるので、心臓麻痺や筋肉が痙攣して溺れる恐れもあります。

この時期には台風も多くなるため、台風の影響による突発的な高波も発生しやすく、海に入るのは危険です。

引き波も強くなると、波に足を取られて泳ぎの上手な人でも溺れる可能性があります。

自然現象による理由もあり、お盆時期からは海水浴をしてはいけないと言われているのですね。

(Visited 76 times, 1 visits today)
Related Posts (YARPP)
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする